瀬戸内エッセイ

Webコンサルタント、プログラミング講師をしています。

成功したいのなら食事は断らないほうがいいかもね

f:id:maocs:20160229203020j:plain

私が、後輩や部下たちに将来性があるかどうかを試す方法で、ランチに誘うというのがある。
ただ食事に誘うのではなく、彼らがランチを食べた後や、弁当を持ってきている時にわざと誘います。
※もちろん、私が奢りますよ。

この時に、「今日弁当なんでー」などとハゲたことを言う人は、ほぼ将来性がない。
では、仕事ができて将来性のある人はどうするのか。

ランチを食べたことや、弁当を持ってきていることなど一言も言わずにOKします。

これは、後輩や部下たちだけでなく、仕事ができる人なら誰でも同じ。
食事を断る人は、食事の重要性をわかっていません。

食事の重要性

まずは当たり前ですが、人は自分が少しでも好意のある人間にしか、食事に誘わない。
その好意を無下にするのは、いかがなものでしょうか。
また、食事というのは人間の欲求に物凄く近い行為であって、それを相手に見せるということは、とても気を許しているということになります。
したがって、食事中というのはその人の本音が聞けたり、普段は聞けないような重要な話題が聞けたりもします。
美味しいものを食べているときは、なおさらです。
よく、モテる男は仕事もできるといいますが、だからモテる男は女性を、洒落てて美味しいお店にお金をかけて誘うのです。

食事や飲みは絶対に断るな

最近、食事や飲み会を断る若者が増えていると言いますがが、それは仕事ができない人が増えているというだけのこと。
若くても、仕事ができる人は断りません。
飲み会を断ってクールに仕事をしているなんて、マンガやネット掲示板の中だけの話ですよ。
こういう意見を述べると、「考えが古いし、技術者の技術アップには関係がない」などとハゲたことを言う人が出てきます。

一言いいたい、だからあなたはハゲなんだと。

よほどのスーパーハッカーでもない限り、自分一人で技術を向上し続けるなんて無理です。
そこで、人から学ぶのですが、その人が長年かけて得た知識を、そう安々と無料で教えてくれるはずがないですよね。
それを、安々と無料で教えてくれるのが、食事や飲みの席です。
美味しいものを食べて、美味しいお酒を飲んでいるときは、非常に気持ちがいい。
非常に気持ちがいいから、皆ポロッと話してくれるのです。
また、断らずについてくる人間を、その人はちゃんと見ています。
何かの時などには、まずその人間を優先的に考えてくれ、困ったときには助けてくれるでしょう。

私は、三十歳半ばまでは、食事や飲みを断ったことがありません。
夜中の2時くらいだろうと、「全然起きてましたよ、今から行きます」と、氷水で顔を洗って出かけていきました。
そんな人間を、どうやったって蔑ろにできるわけがない。

最後に

なるべく食事や飲み会は断らない方がいいのですが、絶対に断らないというのは、自分にとって利益のある人に対してだけです。
損得で考えているようですが、いい大人は友達を作っている場合ではありません。
とくに、目上の人間で割り勘にする人には気をつけよう。
そんなハゲた人から学ぶことなど、何一つもないですよ。
ということは、あなたも目下の者と食事をする時には、全額奢らなければいけません。
奢るお金がなければ、誘ってはいけない。
奢られたものは奢り返してチャラになる。世の中うまく出来ている。

ミシュランガイド東京 2016

ミシュランガイド東京 2016