瀬戸内エッセイ

Webコンサルタント、プログラミング講師をしています。

プログラミング = ゲーム?

f:id:maocs:20160728195325j:plain

よく、プログラミングは計算などの業務的なものに思われますが、そうではなく、よくも悪くもゲームに近いです。
もしも、プログラミングが世間の人が思っている計算のようなものでしたら、私のようなものが続けられるはずもないのです。
では何故、「よくも悪くもゲームに近い」のかを説明します。

プログラミングの中毒性

気付いたら何時間も経っていた、やり始めたらやめられない、ゲームをしていたらそんな事ってありませんか?
プログラミングも同じで、一度やり始めたらやめられない性質を持っています。
前回の記事でもお話しましたが、プログラミングは計算というよりもパズルに近いものです。しかも、途方も無く巨大で奥深いパズル。
そんなものを一度やり始めたら、やめられないのは当然ですよね。

プログラミング禁止令

また、画面に向かってコントローラ(キーボード)を黙々と操作している姿が、どうやらテレビゲームを連想させるようです。
そのためか、子供がプログラミングに熱中をしていると「この子は遊んでばかりいる」と勘違いをして、やめさせる(禁止にする)親もいます。
※ある意味、遊んでいるのですが。
知り合いの優秀なプログラマーの中でも、受験勉強の時期にプログラミングを禁止にした、またはされたという人は何人かいます。
結局やめることができず、受験に失敗したという駄目な人も沢山います。

プログラミングは楽しい仕事?

プログラミングが、ハマったらやめられないゲームのようなものだとしたら、そのを生業とできれば楽しいとは思いませんか?
実際その通りで、ゲームをしていればお金がもらえるという、これ以上ない素晴らしい仕事なのです。
ですが、ここで疑問が浮かびますよね。
実際、プログラマってあまりいい噂を聞かないじゃないですか。狂ったように残業をさせられるとか、精神が崩壊するとか……。事実、そのような人は多いです。
なぜ、楽しいプログラミングが、そのようなオドロオドロしい仕事になるのでしょうか。

例えば、あなたが好きなRPGゲームをしているとしましょう。
その際、このエリアでレベル○○まであげて、この街でこの装備を揃えて、このルートで洞窟まで行き……などと、きっちりと決められた順番をただこなしていくだけだとどうでしょう。
または、とりあえず永遠にレベル上げをしなければいけないとなると、どうですか。それも朝から深夜まで……。
私なら、途中で投げ出すか、ゲーム機をぶっ壊すか、とにかく何が何でも放棄しますね。
辛いプログラミングの仕事をしている人達は、これと同じような事をさせられているのです。

プログラミングは楽しい仕事?

このブログのサブタイトルに「プログラミングで自由になろう!」とありますが、プログラミングに拘束されてしまったら本末転倒です。
ゲームも、やらされたらつまらないのと同じで、プログラミングも自分の意志と想像力で行わないと苦行と同じです。
世の中には、そのような仕事をする人も必要なのかもしれません。しかし、少なくとも私が教えている生徒さん、また、この記事を読んでいる人には、そのようなプログラマにはなってほしくないですね。
誰かに言われたシステムをただ作らさせられるのではなく、プログラミングで何ができるのかを、ワクワクしながら常に考えていきましょう。