読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瀬戸内エッセイ

Webコンサルタント、プログラミング講師をしています。

パーマをあてるは方言です

人間観察

f:id:maocs:20160723182047j:plain

「パーマあててん」

関西ではよく聞く言葉です。
「パーマをあてる」
関西以外の方なら当たり前かもしれませんが、実はこれ関西弁。
私は生まれが高松市ですが、少なくとも高松市では「あてる」って言いますね。

忘れもしません、東京に住んでいる頃。私は、東京人ぶって標準語を使っていました。
いつも行っている代官山の美容室で、

「今日はパーマをあてようと思ってー、ちょっとキツめにあててもらうかなーって」
美容師「あてる?あぁ、かけるってことですよねー」

この時初めて「パーマをあてる」が方言だと知りました。いまだに方言だというのが信じられないくらいです。

このブログの方も、全文標準語で書いてあるのに、普通に「あてる」と言っています。
それくらい「パーマをあてる」は、全くもって違和感のない普通の言葉なのです。

あと、個人的に方言だと知ってびっくりしたのが「酎ハイ」。
所謂「サワー」のことなのだが、友達がサワーを注文して、ちょっとオシャレな飲み物が出てくるのだろうと思っていたら、酎ハイが出てきてびっくりしました。
「それ、酎ハイだよねー」というと「なんだよ酎ハイって、戦後の呼び名か?」と、ツッコまれたのを覚えています。

方言っていうのは、やはりなかなか抜けませんよねー。

都道府県別 全国方言辞典

都道府県別 全国方言辞典