読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瀬戸内エッセイ

Webコンサルタント、プログラミング講師をしています。

「退職させていただきます」あなたが経営者ならどうしますか

ビジネス

f:id:maocs:20160306200613j:plain

企業にとって、退職者の問題は永遠のテーマです。
特に、良い人材を確保しにくい中小企業はなおさらですよね。
もし、あなたが経営者だとして、退職希望者が現れたらどう対処しますか。
引き止めて、共に問題を解決しますか。
そのまま、退職してもらいますか。

退職希望者が現れた時の対処

私が見てきたデキる経営者の方々は、決して引き止めず退職してもらう方が多かったです。
その理由が以下です。

一度、辞めるといった人は、いつか必ず辞める

辞める人は、結局いつかは辞めるのです。
同じ問題を2度経験するのも馬鹿馬鹿しいので、その時に辞めてもらいます。

何かあれば辞めると言い出す

辞めるといえば引き止められるのが癖になり、何かあれば辞めると言い出します。
辞める辞める詐欺ですね。
時間の無駄ですので、その時に辞めてもらいます。

やる気がないのに、いてもらっても仕方がない

辞めると言った時点でやる気が無いのですから、辞めてもらったほうがいいですよね。

退職者の連鎖を止めるには

辞めてもらうにしろ、まずは理由を聞きましょう。
大抵不満はその人だけの不満ではないので、改善できる所は改善して、次の退職者を出さないようにしましょう。

早めに辞めてもらう

他に悪影響が出たら困るので、なるべく早めに辞めてもらいましょう。
引き継ぎの関係もあり社員は一ヶ月後、アルバイト・パートさんは即日でもOKです。

それでも連鎖が始まれば

連鎖をとめることはできません。
なるべく早く連鎖が止めるように、低姿勢で止まるのを待ちましょう。

経営者の心構え

退職した人の業務は自分がやる姿勢でいましょう。
最悪誰もいなくなっても、自分一人でやると。
「私がいなくなれば困るだろ」と、考える従業員は結構います。
調子に乗りますので、お前がいなくても会社は回るんだという心構えは崩さないようにしましょう。
そして、その上で、働いていただいている事に感謝をしましょう。
結局、経営者の放漫さが退職に繋がることが多いです。

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)

 
ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)